親父のおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧北陸本線跡、山中越えを走る

<<   作成日時 : 2013/06/23 20:00   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 8

久しぶりのグループサイクリングです。
今回のメンバは4名。当初は日野ちゃんとだけの予定でしたが、若い2名を半強制参加(?)。
画像

ベテラン2名はマイ自転車を CR-Z に積み込み。
画像

若い2名は今回のスタート地点、今庄サイクリングターミナルでレンタルです。
画像

ここには三方五湖にはなかったクロスバイク、マウンテンバイクも置いていました。
ただ中学生などの団体を想定しているようで背の高い1名には小さすぎたよう。
画像

CR-Z から取り出して組立。
画像

大桐の集落を過ぎたところで振り返って。
背の高い1名が遅れ気味、日野ちゃんは付添です。
途中、敦賀方面から走ってきたローダーに「10名ほどの団体が走ってこなかったですか?」と問い合わせ。
会っていないというと、「(あなた方に)ついて行きます」。
何を言ってるのかちょっと???
数分は一緒に走りましたが、彼にとって我々の速度は遅すぎたようで一気に追い越して行ってしまいました。(やはり)
なぜ日焼けもしていないクロスバイクグループに「ついて行く」と言ったのかな。
「お化けトンネルを通ってきました〜」と言っていたので怖かったのかな。
このルートのトンネルは行きと帰りで数が違うと言われています。
画像

最初のトンネルの山中トンネル。今回のコースで一番長いトンネルで1キロを超えますが、暗くて漏水が多く自転車にはつらいトンネルです。
トンネルを出て振り返ってみたところ。
画像

今回のコースで唯一海が見える杉津PA付近にて敦賀湾を望んだところ。
画像

昼食は杉津PAの上り線側でトイレ休息も兼ねて。
画像

北陸道上り線を見上げる形で、またトンネル。
画像

このトンネルが一番暗かった。
自分はいつも先頭を走ってるんですが、後ろのメンバが「1台減ってたり〜」とか「5台に増えてたり〜」。
こっちはライトを点けてるんですが、路面や壁面が濡れていて反射せずほんとに真っ暗なんです。(静かにしてくれー)
画像

ようやくトンネルを出たところで振り返ると、2台減ってる!
しばらくすると遅れていた2台のライトが見えてきました。
トンネル内は霧も発生していて遠くのライトも見えないんです。
画像

最初の山中トンネルからは殆どくだりのため、楽して敦賀駅に到着。
ここから電車で今庄まで戻ります。
画像

車に積み込み終わって、お疲れ様。
画像

結局敦賀駅に着くまで10名ほどの団体と、話を交わしたローダーとに会えなかった。
彼らはどこへ消えてしまったのでしょう?

撮影機材DSC-W200
走行距離39.9キロ
総走行距離1224.2キロ
天候晴れ
※ ミスコースのため10キロ余分に走ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。お元気ですね!39.9kmということは、あと2km少々でマラソンと同じ距離ですね。北陸道と聞いて地図でチェックしてみました。北陸本線は南今庄から敦賀までほぼトンネルのようですが、このルートは後から出来たんですね。こちら方面も地理的になかなか関東圏からは行きにくい場所です。機会を作ってチャレンジしてみたいですね。
さー坊
2013/06/24 05:59
なんか、トンネル通るのは怖そうですね。真っ暗で、閉所恐怖症になりそう。。
nas-nas
2013/06/24 08:16
さー坊さん
この廃線跡は、ほぼ全行程が道路に転用された珍しいところです。
蒸気機関車にとって難所でも、自転車が坂を登ることを考えると楽なコースでした。また標高の高い側をスタート地点にしたのも正解。
一度走ってみられては?
流しのインストーラ
2013/06/24 12:32
nas-nas さん
本当に真っ暗ですよ〜。
自分がクロスバイクに付けてるライトは対抗車に存在を知らせるためのフラッシュライトで、もので、真っ暗なトンネルでは役不足でした。
側壁もほとんど見えなかったので、何かが出ていても頬を触られるまでわからないかも。
今回タイトルは「お化けトンネルを走り抜ける」のほうがあってるかも。
流しのインストーラ
2013/06/24 12:39
おはようございます。自転車で走ってみたらではないですよね。車で走ってみたらという事に解釈して、チャレンジの機会を窺います。心臓の主治医から過激な運動を止められているものですから。
さー坊
2013/06/25 04:58
過激な運動を止められているとは残念です。
車でいかれた時はぜひトンネルの信号を守るように願います。
信号無視してトンネルに入ってきた軽トラックと鉢合わせしましたが、トンネル幅が狭くてドキドキしましたんです。
流しのインストーラ
2013/06/25 12:30
CR−Zにクロスバイク2台積めるのですね!
驚きです。

廃線跡が自転車道に転用されてるところってウチの近くでも2カ所ありますがアップダウンが少なくて走りやすくていいですよね。
でもこんな古びたトンネルは一人だとちょっと恐いかも(^^;)
T2000
2013/06/25 20:52
二台積みは二回目です。
確かに蒸気機関車では急坂の25‰でも、自転車の2.5%では筋肉痛にもなりません。
トンネルが暗くて漏水が多いのがちょっと残念なコースでした。

流しのインストーラ
2013/06/26 00:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
旧北陸本線跡、山中越えを走る 親父のおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる